スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ベタな食事ではあるけれど

    0

      石焼よりだんぜん普通のビビンパが好き。
      ミョンドンのSINPO KOREAN RESTAURANTにて


      暑い日、食欲ないお昼は迷わず冷麺。東大門の庶民的な食堂街にて

      サムチョンドンはおされ

      0


        インサドンを安国駅から北上し裏道からテクテク歩く。
        1年前からするとおされ度が増していたサムチョンドン。
        急な坂道、階段、地形がどっか長崎に通じるソウルの街。裏道に点在するお店もいい感じ。
        どっか入りたいわけでもないのになぜかのぼってみたい。階段の先には何がある?

        びみょーな観光案内

        0

          唯一訪れた観光場所がここ。
          韓方市場から足を伸ばしたもののここは何?
          王様の側室の墓?
          謎が判明しても、ビミョ〜ガイドブックにものってないし。
          世宗記念会館につられてきてしまったが、当の会館は東京でいえば明治記念館よ。
          この日はお日柄もよく、2組の結婚式が行われていたのでした(ああなんて場違いな私、、)どうぞお幸せに

          屋台でごはん

          0

            朝は屋台のトーストと、フレジャースイーツホテル1階のカフェからコーヒーをば。
            トーストに卵焼きを挟んで、好みで砂糖、ケチャップ、マスタレードなどのソースもかけてもらえる。これで1000ウォン(130円ぐらい)コーヒーはたっぷりサイズで3500ウォンぐらい(スタバ並みか)

            1人旅で困るのが食事である。韓国のお店って2人前が基本になってるのか量がすごい。
            (うどんがタライのような大盛り茶碗で出たりもするし・・・)
            インサドンは韓定食のレストランが多く、団体さん向けの店が多いために「1人?だめだめ」とかって、断られてしまうことも・・・(竹筒ごはんのお店入りたかったな・・・お1人様用作ってほしいわ、、、)
            で、そんな1人者に強い見方が屋台なわけで。近くのチョンノは大通りを挟んで両側を屋台がひしめく屋台通り。大体どのお店も似たようなメニューなんだけど、おでんやトック、チジミ、焼き鳥とか3〜5品で2000〜5000ウォンとか安くて手頃。
            海苔巻き5品5000ウォンにおでんスープも付けてもらっての夜食。とびきりうまくもないが雰囲気を味わうだね。毎日が縁日のようで歩くだけでも楽しい。


            西新宿思い出横丁のようなピマッコル。
            ハングル上達したらぜったい行きたいディープなオヤジ酒場




            韓国サウナ

            0

              地上12階でのすっぽんぽんのアカスリ体験。この開放感はクセになる〜
              風呂上りはチョンゲチョンの遊歩道をインサドンまで歩いて帰るもよし

              韓国エステの王道、汗蒸幕はたいがいビル地下にあるから窓がない。
              ここ東大門のビル内にあるサウナには窓があるのだー。隣のビルと離れており見える心配はない。見えても顔わからんし大丈夫。
              薬草風呂、普通の風呂、水風呂に低音サウナと高温サウナ、岩盤浴と多彩。
              入浴料は昼間4500ウォン+アカスリ17000ウォン。だいたい2700円ぐらい。
              風呂上りのシケ(お米のカキ氷ジュースのようなもん)がうまかったっす。
              http://www.seoulnavi.com/beauty/este_shop_view.html?id=21

              鳥の飛ぶ伝統茶店

              0


                ソウルの京都、インサドンに数ある伝統茶店のなかでも異彩を放つこのお店。
                オカメインコやらメジロやら、池魚やら、その筋のものがいっぱい。
                お店に置かれたガラクタ(古美術かもしれん)もいい感じ。
                チョンノ側からメイン通りを歩いて「山村」を右に入った突き当たりにある。

                ソウルでごはん

                0
                  GWはソウルにきたよ。で、韓国ごはんを韓国はインサドンでアップしてるわけで。
                  しかしもう明日は高円寺なわけで。。。
                  韓国の京都、インサドンは今夜も人が多い。外人より韓国人が多い。今日から韓国もGWなのかしらん?
                  最後の夜は何を食うべかねー。
                  一人ごはん、しかもあんまし食が太くないあたくし。こういう時って大飯ぐらいがうらやましいのう。うううむ。ハングルのキーボードって微妙に記号の位置が違う。。。。打ちにくい。。。


                  清渓川と漢江

                  0
                    ソウルの旅で楽しみのひとつだったのが復元された清渓川(チョンゲチョン)を見ること。
                    2003年5月に初めてソウルにいったときには、そこはまだ高速道路が走る普通の一般道路だった。
                    清渓川復元工事の記事を新聞で読んだときも、「多分この道横切ったよな?」ぐらいにしか記憶してなくて、でも、あんな街のど真ん中に川を復元するのって、東京でいえば銀座、築地あたりの高速道路でつぶされた川を元に戻すことだよなーありえねーって感じだった。

                    しかも、2003年7月に着工して、2005年10月には完成。
                    日本人も真っ青の超突貫工事!
                    復元した事実より、工事の早さがすごいと思う。
                    出来上がった川もなかなかきれいでした。

                    清渓川復元工事ドキュメント↓
                    http://www.seoulnavi.com/area/area_r_list.html?bid=sp002&area=



                    ビビンパ発祥の全州へ日帰り旅

                    0

                      これ前菜。しかもおかわりはタダなのが韓国のすごいとこ。まんなかの茶碗蒸しだけおかわりは有料

                      ソウルから高速バスに乗って3時間の全州(チョンジュ)まで足を延ばしてみました。
                      というのも、38度線の板門店(パンムンジョム)まではツアーが満杯で予約不可、水原(スウォン)の水原華城が直前に放火騒ぎ、陶芸の里・利川(イチョン)や冬ソナの舞台となった春川(チュンチョン)もなぜか心引かれず・・・思いきってソウルから遠く離れてみたいなぁと思い立ったからでした。
                      朝鮮王朝発祥の地、韓国の飛騨・高山、パンソリの本場で、韓紙で有名、国際映画祭もやってます、ちゅう伝統歴史文化もさることながら、目的はただひとつ、「三大料理の全州ビビンパを本場で食うぞ!」(観光公社のおねえさんからは呆れられたが)


                      東大門市場で生地探し

                      0
                        ソウルの旅ではずせないのが市場回り。ホテル(往十里駅)から近かったせいもあるけど今回は東大門(トンデムン)でお買い物。
                        ここのファッションビルはどこも夜通し開いてるから深夜から混み出す。で、バスも深夜にばんばん走ってたりする。でもタクシー捉まえるのは至難の技だけど。
                        高円人はMigliore1軒回るので精一杯。とにかく小さいお店がい〜ぱい所狭しと同居してるビルはアメ横をそのまんまビルにまとめたような感じで、つぶさに見てたら時間ない。
                        だいたい見てるとどこも置いてる洋服は似たりよったりだけど、センスがよくて日本よりお買得なものもあるんで時間をつくって見ておきたいわね。
                        ここで、リネン製でふちにワイヤー入りの茶の帽子を夏用に買ってきた(値段は約3500円ぐらい)。
                        ここは洋服よりベルトや帽子、靴に光るもんが多かったです。(とくに靴は安くてデザインのいいものがありました)
                        洋服はあたしにはちょっと趣味にあわないかなぁ〜。デザインが日本のよりすこしくどい気もしました。

                        生地は、Dongdaemun Shopping Complexで。
                        ここは夜は終ってるので昼間に物色。小さな問屋さんがごちゃ〜と集まってる巨大なユザワヤって感じ。ここのA館2〜3階の生地売り場にいってきました。
                        行ってみると大きな黒袋を持った人がやたら目に付きます。中身はもちろん生地。若いデザイナー風の女の子が生地選びしてたりもします。
                        小さいサンプルをみながら気に入ったのがあれば後ろから出して広げて見せてもらいます。
                        チマチョゴリの生地から洋服、小物、インテリアファブリックなどなど、いろんな用途の布が所狭しとおいてあって見てるだけでも楽しい。韓国らしいカラフルな絵柄の生地はお土産にもいいかも。
                        ただし生地は意外と重いので、最初に買ってしまって持ち歩くと死にます。(経験談)

                        ここで、お土産用と自分用に生地(コットン)を買ってきました。


                        大ぶりな花柄がオリエンタルで華やか。
                        タペストリー型のカーテンにしようかと思案中。



                        昔の子ども服にありそうなどこか懐かしい感じの花模様。
                        こちらはワンピース用として買いました。


                        販売は2ヤード(180センチ)単位から。なんせ問屋なんで。
                        4000ウォン(500〜600円ぐらい)のをカーテン用、ワンピース用にと購入。
                        ほんとはもっと大量に買ったら値下げもありかもしれないけど、2ヤードぐらいだと撃沈でした。けっこう堅い。
                        東京でだいたい自分の趣味に合う生地(洋服用)を買おうとすると1m1500〜2000円近くはしちゃう。特売で380円とか600円とかあるけど、気に入った柄はほとんどないのが実情ですわ。
                        それを考えると、気に入った柄さえ見つかれば結構お買得だと思います。

                        旅行中、修理に出してたミシンも返ってきた。
                        このミシン(電動足踏み式)もらいものなんだけど、調べたらアメリカシンガー社が1911年にロシアのボドルスク工場で生産したアンティークミシンなのよー!!びっくり!!!
                        「いまはPSEマークないと処分しかないのよ。いいものだから大切に使いなさい」とミシン屋のおじさんにいわれなければ、うっかり下取りに出すかそのまま眠ったまんまだったかも。よけいに使わにゃあもったいないわねー。
                        でも、貴重な家電品がPSEでおしゃかになると思うともったいないね。日本でアンティーク文化なんて一生育たん気がする。








                        | 1/2 | >>

                        高円寺ごはん

                        高円寺の、高円寺人による、あなたのためのお店ガイド

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        Profile

                        Selected entries

                        Categories

                        Archives

                        Recent comment

                        Recent trackback

                        Links

                        mobile

                        qrcode

                        Search

                        Others

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM